意外と知らない?キャットシッター利用のメリットデメリットについて

この記事では「キャットシッターのメリットデメリット」について詳しく解説しています。また「キャットシッターを呼ぶ場合に気をつけること 」についても解説しています。

昨今、キャットシッターを利用する方が増えてきていますが、利用を悩んでいる方も多いです。そうした方の悩みの理由は「メリットデメリットが分からない」というものです。そのため今回は「キャットシッターのメリットデメリット」について詳しく解説していきます。

キャットシッターのメリットデメリット

メリット
キャットシッターのメリットは
・飼い主が愛猫のお世話をできない場合に頼りやすいこと
・飼い猫の移動がなく、自宅でお世話が可能な頃こと
・愛猫が1日どう過ごしていたのかがわかること
以上の3点です。順に解説していきます。

飼い主が愛猫のお世話をできない場合に頼りやすいこと

キャットシッターのメリット1つ目は「飼い主が愛猫のお世話をできない場合に頼りやすいこと」です。基本的にシッターに依頼を検討するのは「飼い主さんがお世話できない」というタイミングが多いです。

具体的な理由は
・仕事が忙しくてかまってあげられないから
・少しの間家を空けなければならないから
など様々です。

また、キャットシッターは猫の専門家であるため、飼い猫に対し「無駄なストレスをかけてしまう」といった心配がないです。さらに「必要なお世話だけをしてくれる」という業者もあるため、飼い主さんにとってもおすすめです。

また、一般的なキャットシッターは
・「1日1回お世話に来る」
・「1日数回お世話に来る」
など要望に対し柔軟に対応してくれます。ある程度の融通が利くことも多いため、ペットホテルなどより断然おすすめです。

飼い猫の移動がなく、自宅でお世話が可能なこと

キャットシッターのメリット2つ目は「飼い猫の移動がなく、自宅でお世話が可能なこと」です。ペットホテルなどと違い、キャットシッターは自宅に来てお世話してもらうので、飼い猫に移動の負担がかかりません。また、飼い主にも送迎の手間がないため双方に対しメリットがあると言えます。

さらに、ペットホテルであれば飼い猫が
・ケガをしている
・病気をしている
といった場合、利用を断られるケースもありますが、キャットシッターの場合にはそういった心配もいらないことが多いです。

また、飼い猫ではなく「飼い主が病気やケガをしている」という場合にも、キャットシッターは自宅まで来てくれるため、無理をしなくて済みます。

猫は基本的に「環境の変化が苦手」と言われていますので
・自宅からでること
・ペットホテルに滞在すること
など些細なことでストレスを感じる子もいます。そのため「慣れた環境でお世話ができる」というのは、猫にとって非常に良いことと言えます。

愛猫が1日どう過ごしていたのかがわかること

キャットシッターのメリット3つ目は「愛猫が1日どう過ごしていたのかがわかること」です。これは会社によっても異なるのですが、近年キャットシッターの多くには「LINEやメールで飼い猫の様子や、お世話の様子などを送ってくれる」というサービスが存在しています。そのため「お世話中の不安感を和らげる」といったことにも期待ができます。

デメリット
キャットシッターのデメリットは
・カギを預けることが必要なこと
・無資格のシッターもいること
以上の2点です。順に解説していきます。

カギを預けることが必要なこと

キャットシッターのデメリット1つ目は「カギを預けることが必要なこと」です。キャットシッターは前述の通り、自宅へ派遣されてくるため
・丸1日お願いする場合
・飼い主さんと入れ替わりで帰ってもらう場合
以外は「カギを預ける必要」がでてきます。

恐らく多くの人が「初めて、もしくは数回会った程度の人にカギを預ける」ということにためらうかと思います。そのため「キャットシッターを依頼する場合の最大の難所」です。

また、契約書自体に「貴重品を置いていかないでください」と記載があるケースもあります。いずれにしても、貴重品管理などは「自己責任」となってしまうため、依頼前に口コミ評価などの確認をしっかり行い業者を精査するようにしてください。

無資格のシッターもいること

キャットシッターのデメリット2つ目は「無資格のシッターもいること」です。基本的にキャットシッターに関わらず「ペットシッターの従業員」には資格が必要ありません。そのため「動物が好き」という理由でシッターをやっている「無資格な方」は多いです。

こうした場合、専門的な知識を持っていないがゆえに「もしもの場合」の対応が遅れるといった可能性もありますので注意しましょう。

また、シッター業者によっては
・研修がしっかりしている
・定期的な講習を行っている
など無資格者でも知識が豊富なケースもありますが、ほんの一例にすぎません。

基本的に有資格者は
・専門知識
・経験
などで無資格者に勝りますし、安心感は段違いとなります。そのため、可能であれば有資格者のいるキャットシッターを選んでください。

キャットシッターを呼ぶ場合に気をつけること

キャットシッターを呼ぶ場合に気をつけることは
・貴重品の管理
・合いカギを用意しておくこと
以上の2点です。順に解説していきます。

貴重品の管理

キャットシッターを呼ぶ場合に気をつけること1点目は「貴重品の管理 」です。前述の通り、契約書などに「貴重品管理は自己責任で」といった内容が書かれていることも多いですが、例えなくとも原則「管理は自己責任」となってしまいます。

また、シッター業者側としても「できるだけもめたくない」と思っていますし、飼い主さんとしても「素直にありがとう」と言えなくなってしまいますので、貴重品管理には充分気をつけてください。

合いカギを用意しておくこと

キャットシッターを呼ぶ場合に気をつけること2点目は「合いカギを用意しておくこと 」です。これも前述の通りとなりますが、基本的にキャットシッターを呼ぶ場合「カギを預ける」ということは必須となります。そのため「合いカギの用意」が必要です。

事前に探すなど用意をしておかないと、当日になってあわただしくなるため、注意しましょう。また「合いカギをどこに返してもらうのか?」といったことも気にしておく必要がありますので、事前に決めておいてください。

さらに、定期的な利用をする場合には「合いカギを預かる」というサービスを行っているところもあるので、ホームページなどで事前に確認しておくことをおすすめします。

おすすめのキャットシッター業者

以上のメリットデメリットを踏まえた上でおすすめの業者が「オリーブシッター」というシッター業者です。

オリーブシッターは、国内最大級のモニター調査機関である「ゼネラルリサーチ株式会社によるアンケート調査」で
・ペットシッターお客様満足度1位
・信頼できるペットシッター1位
・獣医師がおすすめするペットシッター1位
以上の結果を残し「業界初の3冠」を達成しました。

そのため、信頼とサービスの品質にお墨付きがあります。特に「初めてキャットシッターを依頼する」という方におすすめです。

まとめ

「キャットシッターのメリットデメリット」についてはお分かりいただけたでしょうか。初めての場合にはいろいろ悩むことかと思いますが、この記事を参考に業者選びを行っていただければ、と思います。もし迷ってしまった場合には上記で紹介した「オリーブシッター」の利用を検討してみてください。